探偵マリンカントリー 夫の浮気

探偵に浮気調査を依頼する時に気になる料金システムごとの内容の違い

最も一般的な料金体系である成功報酬プランの内容

 

浮気調査において、一般的に利用されている料金体系が成功報酬プランです。

 

なお、成功報酬プランには完全成功報酬型もあります。

 

成功報酬プランは以下の3つの料金で構成されています。

 

①着手金

 

調査を行うために事前に支払う費用であり、調査結果に関わらず支払うことになります。

 

②諸経費

 

交通費や宿泊費、備品代など、調査にかかった実費を依頼者が負担します。

 

③成功報酬

 

調査が成功した場合、その報酬として一定の金額を支払います。

 

1.成功報酬プランのメリット

 

成功報酬プランのメリットは費用対効果が明確ということです。

 

浮気調査の場合は、必ず成功するとは限りません。

 

成功報酬プランであれば、浮気の有無が判明していないのに高額なお金を取られた、ということがありません。

 

2.成功報酬プランのデメリット

 

成功報酬プランのデメリットとしては、以下などがあります。

 

1)成功の内容が不明瞭

 

成功報酬プランにおける「成功」に曖昧な点があります。

 

例えば、成功例には以下などがあります。

 

 

・浮気の証拠をつかんだ
・浮気をしていることが分かった
・浮気をしていないことが分かった

 

証拠は何を指すのか、何で浮気をしていないとわかるのか、などが明確ではありません。

 

2)浮気自体が明確な場合は割高

 

成功報酬プランの場合、成功報酬を加えると他のプランより割高になる傾向があります。

 

相手が分からないだけで、浮気をしていることが明らかな場合は成功報酬分を損することになります。

 

ちなみに、完全成功報酬型というのは、成功報酬型の着手金が無いプランになります。

 

つまり、調査が失敗した場合は諸経費しか支払わなくて良いということです。

 

その代わり、成功する可能性の高い調査でないと受けてもらえないことが少なくありません。

 

事前に決められた料金を一括して支払うパックプラン

 

パックプランは定額プランとも呼ばれていますが、業者の設定した時間分の料金を一括して先払いします。

 

バックプランの場合は業者間における料金の差が大きくなっており、30万円から100万円のプランまであります。

 

 

 

パック料金における業者間の金額の差の要因には以下のことがあります。

 

・パックに含まれる調査時間
・調査員の人数

 

 

パックプランの場合は、浮気調査の難易度がどの程度なのかを見極めた上で、選択することが大切になります。

 

1.パックプランのメリット

 

パックプランのメリットには以下が挙げられます。

 

 

1)すべての費用を含んだ料金

 

バックプランには、着手金や交通費などの諸経費、成功報酬など全ての料金が含まれているため、後で追加料金を請求されることがありません。

 

契約料金を支払えば、追加料金を心配する必要がありません。

 

2)追加調査の検討が不要

 

浮気調査の場合は必要時間を読めない面がありますが、パックプランは予め調査時間がパッケージされているため、調査時間を気にかけずに済みます。

 

2.パックプランのデメリット

 

パックプランには以下のようなデメリットがあります。

 

1)内容変更やキャンセルが不可

 

いったん契約が成立すると、調査途中で内容や目的を変更できません。

 

業者は契約の段階で、調査時間や調査方法、調査スタッフの手配などを決めるため、中途での変更には対応できない面があります。

 

また、調査内容に満足できなかったとしても、キャンセルできません。

 

できたとしても、調査料の返金をしてもらえないのが一般的です。

 

2)短期間の調査には不向き

 

夫の浮気の相手が推測できるなど、調査が容易である場合はパックプランは向きません。

 

パックプランは長時間を要する場合の料金設定になっているため、時間を余らせて無駄になる可能性があります。

 

調査に費やした時間分だけ料金を支払う時間制プラン

 

時間制プランは単純に「1時間〇〇円」というように、時間単位での料金が発生します。

 

時間単価×調査時間×調査員の人数で料金が決まります。

 

1.時間制プランのメリット

 

時間制プランのメリットには以下などが挙げられます。

 

1)調査状況によった調査依頼が可能

 

契約という縛りが無いため、浮気の状況に応じた調査依頼ができます。

 

2)時間の効果的な活用

 

調査したい内容ごとに時間を計れるため、時間を無駄にする心配が要りません(最低調査時間の条件は有り)。

 

2.時間制プランのデメリット

 

時間制プランのデメリットには以下などがあります。

 

1)料金が高額化する可能性

 

浮気の相手が不明など、調査に時間を要する場合は、結果的に費用が他のプランより高額になることがあります。

 

2)時間単価が割高

 

パックプランに比べると、1時間の単価が割高になっています。

 

一般的に、浮気調査の相場は40~60万円になっています。

 

浮気調査にかかる日数は早くて1週間、長いと1ヶ月程度かかることもあります。

 

浮気の確証があるなど、短時間で調査を終えられるような場合は時間制プランがお得になり、浮気の確証がない場合はパックプランや成功報酬プランが適しています。